マッサージも流派?があるようです。

初めてマッサージという名のとこに行ったのは20代の時に友達とサウナに行った時に、そこで初めてマッサージされました。
指の骨もポキポキ鳴らされて全身気持ちよくマッサージしてくれて圃場に気持ち良かったです。
それ以来、マッサージというものには無縁でもう行くことも無いだろうと思っていました。

でも30代後半の時に仕事が変わり3年間、重量物の荷物の積み下ろしの仕事に就きました。
さすがに腰がパンパンに張り膝もガタガタになりました。
そんな時期に改めて家の近所を見ると接骨医院の看板があちこちあるのに気が付きました。
腰が痛いぐらいで診てもらえるのだろうか?
保険が効くのだろうか?
サウナのマッサージしか知らないので判りませんでした。

余りにも腰が痛くて我慢できずに近所の接骨医院に行ったら保険が効くとのことで診てもらうになりました。
電気治療にマッサージに首の牽引もしてもらいました。
やっぱり重量物を持ち運びしているので筋肉がパンパンに張っていて膝も痛めてるそうです。
接骨医院とかは保険で治療してくれてますがあくまで治療行為で保険が効くそうです。
ただ肩がこってるからマッサージして下さいでは駄目だそうです。
そういう人は街中のマッサージ室に行って下さいとのことです。

健康保険も赤字が続いてるので治療してもらう方も、この辺は気をつけないといけません。
でも痛い時は我慢せずに近所の接骨医院に行きましょう。
本当に骨折だったり違う病気が見つかることもあります。
整形外科に行って下さいと言われることもあるでしょう。

これまでに5件ほど、接骨医院を名乗ってる医院に行きましたがそれぞれ治療方法が違います。
力いっぱい揉みまくるとこや、逆にほとんど揉まないで体のバランスだけを修正してくれるとこもありました。
国家資格持ってる先生もいれば街のマッサージしてるとこはバイトで揉んでるとこもあるそうです。
また接骨医院と整体医院も違うそう。
柔道整復師と資格が持ってる人が接骨医院を開業出来るそうです。

マッサージもいろいろですね。
肩モミぐらいなら愛娘にしてもらえうのが一番効くと思いますよ。

トップに戻る

カテゴリー: マッサージ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です