マッサージは人の手のぬくもりが大事だと思う。

私は昔から肩コリがあって、姿勢があまり良くないのも原因だと思うのですが背中や腰回りもしんどいと感じる事が多いです。だから、大型電気店などに行くと必ずと言っていいほどマッサージチェアに座ります。何十万もするようなマッサージチェアを購入するような余裕はないので実は内心ビクビクしながら座ってるんですけどね。それで、最近のマッサージチェアは多機能で動きもこまやかですごく気持ちがいいなと感じます。中でも、温感タイプのモノは好きです。ところが、そんなマッサージチェアの上を行くのが主人のしてくれるマッサージだという事に気づきました。私は長らく専業主婦をしていたのですが、子どもの手が少し離れたので最近パートに出るようになりました。すると、これまで運動らしい運動もしてきていないので体力が無く、また全身の疲労感がいつも抜けない状態になり主人に「体がしんどい」と訴えると、なんとマッサージをしてくれるようになったんです。労わってもらえる感覚ってすごく嬉しいですし、幸せだなと感じます。ただののろけのような内容になっていますが、マッサージに一番大切なのは技以上に人の手のぬくもりなんじゃないかと思えてなりません。大げさかもしれませんが、ただ手を当てるだけで肩の凝りが取れる感覚があるんですよ。自分がしてもらうばかりではなく、主人にもマッサージをしてあげるととてもリラックスできると言ってくれます。夫婦仲をよくする効果もありそうですね。これからも続けていきたいと思います♪

トップに戻る

カテゴリー: マッサージ パーマリンク