マッサージで効き目を感じにくい、整体の掛かり方の矛盾 

首と肩、背中の硬さが気になりマッサージに行った。長期に渡って凝りがある為にマッサージを受けても、スッキリ感を感じにくくなっていると感じた。
揉んでもらうのでは効果を感じにくい為に、骨をボキッと鳴らして動きを付けてもらったら、その場ではスッキリしたが、効果を持続できなかった。しかし、毎回のように追加代金を払ってまで動きを付けてもらうのは損をしているような気がして追加しなくなった。
様々な部位が凝り固まっているので、30分の時間内ではほぐせない、と言われて時間延長するか部位を少なくして施術を依頼せざるをえなかった。
また、首と背中で捻れるように曲がってしまい、どう真っ直ぐにすればいいか難しい、と毎回のように言われるのが不安になった。こちらはそれに悩んで通院しているのに、毎回言われるとさすがに不愉快になってしまった。
年齢的に若く、定期的に整体に保険診療で掛かると保険組合に不信を持たれるようで、月に一度の状況調査書が届いてしまい、それが嫌で体の痛みを感じていても整体に行きづらくなってしまっている。
だからといって1時間で5000円近く掛かるような整体には定期的に掛かる金銭的余裕が無くて、体が悲鳴を上げてからでなくては整体に掛かれないと思うと、体のメンテナンスも悪くなってからというのはおかしいんじゃないかと感じた。

トップに戻る

カテゴリー: マッサージ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です